FC2ブログ

 明日はどっちだ!~コンビニ・ブログ~ 

グルメ・料理・映画・音楽・ダイエットなど 種々雑多な内容で コンビニ的ブログを目指します。

なんて愉快かな? 俺の人生42年 3

「置屋の息子 3 俺と淀川長治の違い」 

置屋には訳あり女性が多くあつまる。 まあ頬に傷ある人も出入りがある。
私は小学生の頃からそういう人を見てきた。

だいたいあからさまに怖い人は下っ端に多い。
力のある人は意外と普通に見える。その分怖いのだろうが、
怖いもの知らずの小学生はそういう人に平気で小遣いをもらったりもする。

しかし いつもいつもそういう人たちと良い関係であるとは限らない。
たまに関係がこじれる場合がある。

うちの家はもともとから置屋だったわけではない。

親父は長崎の農家の生まれだ。
戦後の混乱で食いぶちへらしのために養子に出された。
親父は結構トラウマになっていたようだ。
酒を飲んでいるときに聞いた話だが
若い頃は運送業をやっていたようだ。
そして肉屋の手伝いから精肉店を始めた。
そのころにお袋と結婚しているのだが、
そのなれそめは未だに謎だ。

お袋はすでに一度結婚しており、今で言うと×1であった。
しかも連れ子がいた。それが私の姉である。
その精肉店はまあ普通だったようだが、
お袋の姉が借金をこしらえ、その立て替えの為に店を打ったような話を聞いた。

そして、お袋の姉がやっていた置屋を継ぐことになる。
そういう意味では、親父は自分の仕事が途中で頓挫した「無念の人」である。
この状況は実は親父の一生で繰り返されることになろうとは思いもよらないことであったろう。

それはさておき、事件はその置屋を始めて数年後のことだ。
私が小学校から帰ると、パトカーが玄関前にとまっている。
もちろん 警察が家にくるなど普通では考えられないので、
駆け足で家にはいると、警察が家の中に何人もいて
そしていつも親父が座っている場所に血痕がついていた。

「二階にあがっとき!」誰かの声がしたのだけは覚えている。
ただ私の記憶はそこで止まってしまっている。
そこから先の記憶がない。別に泣き叫んだとかすぐに病院に行ったとか
何か行動があったはずなのだが、全く覚えていないのだ。
覚えているのは何人もの警官と、親父のいた場所の血痕。
そこだけが脳裏に焼き付いて残っている。

後から聞いた話によれば、
○○○の女性がウチの置屋で働いていたのだが、姿を消してしまった。
まあ逃げたわけだが、それを追いかけている男が、女をうちの親父が
隠したと思いこみ、逆上して飛び込んできたらしい。

当時のそれを物語るのは、今では親父の胸の傷跡だけだ。
よくもまあ生きていたものだ。

そのとき 私は悟ったのかもしれない。

「ウチの家はまともではないんだ。」と



スポンサーサイト



なんて愉快かな? 俺の人生42年 1 


「 置屋の息子 1 俺と淀川長治の違い 」

この前、天声人語で淀川長治の記事が書いてあった・・

あの人は置屋の息子であったそうだ・・

ちなみに置屋というのは芸奴・芸者さんが「○○席」という置屋に登録して
旅館やホテルから仕事を請け負うという、まあ今で言うコンパニオン派遣事務所みたいなものだ。
ただ伝統って言うものがあって京都などでは舞妓なんぞといってありがたがられる。

地方ではコンパニオンとあまり変わらない。
宴会(お座敷という)などで、かつらと厚い化粧と着物で踊りを見せたり歌ったり。
まあ踊りといっても、本格的な日舞的なものもあるので三味線がついたりするときもある。
もちろん そんなときは三味線を弾く人もついてくるので値が上がってくるんだが・・

そんなことはともかく、置屋といえば芸者がいっぱいいるところ。
つまりは女性が多くいるところだ。 淀川長治はそこの坊ちゃんだったらしい。

家が置屋のせいなのか、はたまた幼児期~思春期の淀川氏に何があったのかは知らないが
彼は女性に対する見方が周りと異なってしまったのか、一生独身で過ごされたとか・・

天声人語にはそんな彼のホテル生活が紹介されていた・・
もちろん 私が淀川長治のホテル生活に興味があるわけでなく、
彼が私と同じように「置屋の息子」という境遇に興味をそそられたからだ。

こればかりは、「置屋の息子」しかわからないだろう。
京都のなんかの伝統という看板がつく置屋とは違い、地方、まあ場末と言うべき置屋には
「人生いろんなものをしょってます」っていう女性が多い。

まあ ハッキリ言って堅気のの人は少ない。 全くいないというわけではないけども。
大概はすねに傷ある人が多いものだ。

借金を抱えて返済に困っている女性。 また地方に職がなく家族を養う為にという女性。
そして 頬に傷ある人の女性だったり。

それはまあいろんな女性がおった。
私もそれをずっと横で見てきた。 

そういう仕事柄、頬に傷ある人とも知り合いが多い。

ある人はこんなこといっていた

「女はすごい。女は一億くらいすぐ稼ぐ。」」と。

話半分で聞いていたんだけれども、

ある女性は片手に赤ん坊と片手にボストンバック一個で家にやってきた。
住み込み芸奴をはじめて
2~3年してやめて帰るときには
でっかいトラックいっぱいの荷物を積んで帰っていた。     あれは印象深かった。 

赤ん坊だったあの子。明太子屋と同じ名前だったが今は元気にしているだろうか・・

なぜ置屋に入ったのかはよく知らないが古株の女性もいた。
2人の子持ちで旦那さんはいなかった。 その2人は兄弟で私が入ればちょうど一年ごとの
順番になるほどだったので、よく遊んだ。

ただ、お母さんである女性の評判はあまり良くなかった。すでに30は越していたであろう
その女性は、若手に客を取られるのをおそれて、お座敷中に若手の悪口を言うものだから
よくうちのお袋から怒られていたのを横目で見ていた。

そんなとき そこの兄弟と遊んでいるとやんわりと嫌みを言われたのをいまも覚えている。

兄弟も弟のほうはよく知らないが、兄のほうは信用金庫なんかに入ったと聞いた。
今にして思えば、当時はまだ片親で銀行関係は厳しかったろうに、ホントに成績がよかたんだろうなあ・・

そんな いろんな女性を間近で見てきた・・
淀川さんではないが まあ 女性に対する見方は・・そこら辺の人たちとはちょっと
ちがうかもしれかっただろう。

女性へのあこがれとか幻想なんかはなかったように思う。

ただ 今私は女性と話すのが全く苦でなくしかも気楽にしゃべる。
人当たりが良いと言われるのはこの辺に理由があるのかもしれない。

 芸奴に囲まれている 少年期・・・・教育上はよくないよなあ。

 淀川さんもなんか・・・あったんだろうな・・
 





誰か教えて! ハリー・ポッターの謎??

さて ハリー・ポッター シリーズ 最新刊
「ハリーポッターと死の秘宝」

ついに ハリポタシリーズ完結! 

さて 早速読んでみました・・


おおっ・・牝鹿の守護霊・・

おおっ・・ハリーが分霊箱・・・


ほほう・・・19年後・・・


そうか・・終わった・・・ん? まてよ・・・

読み返し・・


あれれ・・ おかしいぞ?


ネビルが グリフィンドールの剣で 大蛇ナギニを切っている・・

ん?? この剣ってば グリンゴッツ銀行で金庫をあけた際に
ゴブリンに持って行かれなかったか?

それとも 偽物をつかませたか?
いやいや ハリーたちは確かに剣を持ってはいない・・・
では なぜネビルの元に????

どなたかわかる人いませんかね?


さらに・・ほほう ダンブルドアも大変だったんだなあ・・って

おい! 校長室の肖像画になっているじゃねーか?

そんなら 校長室で聞けばなんの問題もないし、
肖像画は額を移動できるはずなんだから、
さっさときてもらって秘密を話してもらえればすむんじゃないか?
それとも あくまでもハリーの自覚をまつのか?


うーん 正直 7巻で終わらせるためにかなり無理したような気がするなあ・・・





アップルシードか~

アップルシードといえば、ハリウッドでも好評だった
押井守監督の「攻殻機動隊」の原作者 士郎正宗 の代表作のひとつだ。一部のコアなファンなら知らない人はいないだろう。

漫画が発表された当時、私は高校生。 
「書き下ろし単行本」なんて聞いたこともない手法で売られ、
まるで大友克洋みたいな背景にひかれ買ってみた。
ところが、これがかなりおもしろくて以降
新刊を待ちわびるようになったものだ。

たしか4巻が出て以降、ショートストーリー的なものは
発表されても、まともな新刊はまだでいない。

その作品が 数年前映画化され、これもアニメとCGを
うまく組み合わせ、好評を博した。

以前 ファイナルファンタジーがフルCGで映画化されたが
これがさっぱりで、映画におけるCGの意味というものを
考えさせられる結果になった。
(つまり 役者をリアルCGにするぐらいなら本物の方がまし
だということ。そういう意味ではディズニーは正しい。)

その反省が生かされたのか、前作ではいかにもアニメという人物で
背景がやけにリアルという作品ができた。
それがまあいい具合だったというわけだ。

さて 今秋 その続編 エクスマキナ とう副題を付けて発表される。
まあ 映画は見に行くだろう。期待もしているが、

がしかし・・・


もっとみたいのは・・・




原作の続きやっちゅーねん!



いったい ファンをいつまで待たせる気なのか!


イラストばっかり書いてねーで、
物語に帰ってこい! 

あそこまで発表しておいて、捨てることはないだろ!
映画化もされていることだし、書いてもらいたい。

ファンはみんなそう思っているよなあ?

ハリーポッターと死の聖人(原題)

日本ではあまりニュースにならなかったのか、
それとも自分が見ていないのか?

ハリポタ最終巻 ハリポタと死の聖人(原題)

海外では 本屋にあまりにも子供が並んでいるので
テロを行うのをやめたとか・・

いい話じゃないか! これでも十分にニュースにすべきだと思うが・・


さ~て 注目の内容ですが、私も気になって気になって・・
何故自分は日本人なのか! 何故英語が読めないんだ!と
日本の英語教育を恨んだりしたモンだが、

やってくれたよ 韓国報道。

いきなりラストのねたばらし!

ハリーは・・・・おっというのはよそう。
マナーは守らないと・・

しかし 気になってもうちょっと調べてみたら・・・

うわ~!! 書いてある書いてある・・・


ハリーは・・へ~・・ハーマイオニーは・・ふ~ん
ロンは・・ほ~・・・


なるほどね~・・・・


もう 言いたくなってしまうのだが、これはもう
知りたい人は自分で探してね。

でも 大筋知ってもやっぱり自分でしっかり読みたいよね。


松岡さん まだ翻訳終わらないのかな~・・・


ちなみに 映画の方は かなり賛否が分かれているようですが・・



 | HOME |  »

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

てん

てん

HN   てん 
年齢  45  ♂
生年月日 1967年 6月21日
血液型 AB型  の ふたご座 <四重人格!> 
趣味  料理・映画・小説・漫画・バイク
性格  新らし物好き・熱しやすくさめやすい