FC2ブログ

 明日はどっちだ!~コンビニ・ブログ~ 

グルメ・料理・映画・音楽・ダイエットなど 種々雑多な内容で コンビニ的ブログを目指します。

いいのか?セルジオ越後にこんな事・・

ワールドカップも盛り上がっている・・

おかげで CMもワールドカップにあやかったCMが増えている。
しかしまあ ロナウジーニョを使うのはなあ・・ちょっとカメラ写りに問題が・・

まあ それはおいといて、結構笑えたのが佐川急便 eコレクトのCM。
サッカーボールが画面から飛び出して、実況をしている北沢豪の顔面にぶち当たり、(顔面ドアップ!)北沢氏がぶっ飛ぶというもの。 顔面アップのシーンの顔のゆがみが面白いのだけど、このCMにはセルジオ越後編があって、辛口解説で知られるセルジオ氏の顔面にヒット! ぶっ飛ぶセルジオ氏。

いいんだろうかというか セルジオさんも受けなきゃいいのに・・何考えているんだ???

しかし 面白い。 あの辛口セルジオ氏の顔面がゆがむ所が・・いい。 ワールドカップならでわか・・

 おお! 今 チェコがガーナに2-0で負けてる
つーかおされまくっている!
今回のダークホースはガーナだったか!
毎回アフリカ勢の台頭はあるのだが、ナイジェリア、カメルーンに続き今回はガーナか!

 
スポンサーサイト



世界の壁は高いなあ・・

前回 日本も強くなったなあと書いてしまったが・・・
結果的に

まだまだやなあ・・と感じた豪州戦・・

後半30分まで1点リード・・このままいけばまずは手堅く
1勝の勝ち点3というシナリオだったろう・・

しかし 勝利の女神は悲しいかなサムライ・ブルーのイレブンには微笑まなかった・・

結果的に3-1の逆転負け・・
1点入れられたときには・・まだ同点じゃ!
2点入れられたときには・・まだ追いつける
3点入れられて・・・まじか~

この豪州戦で再確認した。 サッカーは点を入れなければ
駄目だという事。 黄金の中盤だろうが
FWが機能しなければ勝てるモンも勝てんわな・・

それは 両者のシュート数が物語っている。
ヒディング監督はそれをよくわかっている。
点を入れなければ勝てないんだということ。

川口のスーパーセーブ!とアナウンサーが言っていたが、
それが繰り返されるという事は常にゴールが危険な状態にあると言う事。

とすれば DFに問題があったのか・・・・
キャプテンの宮本は特に悔しかったに違いない。

しかしNHKのアナウンサーも非道い事を聞く
「ラスト10分からの逆転負けをどう思われますか?」
だと・・悔しいに決まってるやないか!
そんなあほな事聞くな! 絶句した宮本の顔が何とも
悲しかった・・

さて・・この1敗で早々と予選敗退が濃厚な日本。
こうなれば、割り切って 負けて元々でしっかり
世界のサッカーを感じて帰ってきて欲しい。

彼らはは種を蒔く人なのだから・・

いよいよ開幕か

あれは 何年前だったか・・
夜中に 「あ~!」という叫び声を上げたな~・・
カミさんから近所迷惑って怒られたっけ・・

それがドーハの悲劇だった・・目の前からスルリと何かが落ちた感じだった・・

それから 4年後 また「あ~!!」という声を上げたっけ
それが ジョホールバルの歓喜だった。 
あれは 野人 岡野だったっけ。
でも カズが 結局代表落ちして え~ってなったっけ・・

んで 本国開催になって 
そして 今回・・すごいな3回連続だよ。
日本って強くなったんだと思えるようになった・・

松本育男さんの実況が懐かしいな・・
あの頃は負けっ放しだったからなあ・・

 

そうやね こんなネタはどうかな??

6月に 少年ジャンプ連載の 「デスノート」が公開されるが、
すでに ハリウッドからも買い付けが来ているらしいとの事。
ほんとに ネタがないのね・・と相変わらず思ってしまうのだが、まあそれはおいといて、 

どうせ 漫画をネタにするなら、是非 映画化して欲しい作品がある。

   星野之宣 著 「ヤマタイカ」 がそれだ。

 邪馬台国の女王 卑弥呼の血を引く 沖縄神女が
 火の祭を再現させ、現代と古代を結びつけ、
 日本人の源流をさぐるという
 歴史ロマンあふれる壮大な漫画だ。

 当初創刊間もないヤングジャンプで「ヤマトの火」
 というタイトルであったが、休載し、
 「ヤマタイカ」というタイトルで再開した。

 今でも 「宗像教授伝奇孝」 という漫画を書いてるが
 これもまた 歴史ロマンあふれる面白い漫画だ。

 だが 映画化を考えると そのスケールと迫力で
 「ヤマタイカ」をおいて他になかろう

 日本沈没よりも 面白いと思うんだけどな~
 今公開されてる ダヴィンチコードにある
 キリスト教の歴史観は、あくまでもヨーロッパ主観のもので  あって 宗教的感覚が鈍い日本人にはちょっと感動も薄か ろうが、邪馬台国 卑弥呼といえば小学生の歴史にも出てく る日本史の有名ヒロインだ。
 卑弥呼を中心とする原日本人=縄文人と弥生人=渡来人=大 和朝廷=現天皇の系譜 そして押さえ込まれた原日本人のエ ネルギーの解放をめざす主人公とそれを押さえ込もうとする
 僧侶達。
 
 いつ映画化されてもおかしくないのだが、
 やはり天皇=渡来人の系譜と言う事を多少なりともあつかっ てあるのがいけないのか
  
 僧侶と主人公とのサイキックバトル 
 台風のエネルギーを利用し浮上した戦艦大和と大和の艦砲  射撃と米軍との戦闘
 西から東へ爆発する火山
 わき上がる日本人のエネルギー
 壮大なスケールは 映画に最適なんだが・・
 
 こればかりは内容が内容だけにハリウッドに任せるわけには いかない 日本の特撮なら東宝! 
 どうですか 関係者! プロデューサー!
 頑張ってみんですか!  


 

ネタがないのはハリウッドだけじゃないのね・・

前回、「ポセイドン」が 昔の「ポセイドン・アドベンンチャー」のリメイクであり、ここのところのリメイクの多さにハリウッドもネタ切れかといっていたが・・何のことはない、日本もそうだった・・

7月公開予定の 「日本沈没」である。
原作は、日本SF小説界の巨匠、小松左京氏 小松左京といえば
「日本沈没」や「さよならジュピター」、「首都消失」なんてものがあったが
日本のSF作家のなかでもスケールの大きい作品が特徴の人。

そんで 日本沈没は73年映画化され、ヒットしたた作品
私も見てますが、当時はまだ小学生だったかな、どっちかというと、
映画の主演が 藤岡弘 だったので、仮面ライダーがでてるという印象しかなかったなあ・・その後テレビで放送があって内容のおもしろさに食い入ってみた記憶があるかな

しかし やっぱリメイクなんだよね・・まあ確かに 昨今大きな地震が続いて被害もだしているだけに、この映画はある意味タイミングが良いのかもしれない・・でもなあ リメイクとなると、ストーリーがわかっているだけに・・

そういえば 昨日テレビを見ていたら、戦国自衛隊1549 なんてのが
テレビであるという・・そういや戦国自衛隊もリメイクだな・・
原作は 半村良 だったな・・・ああそういえば 魔界転生もリメイクされたっけ・・・

やっぱ ネタがないんすかね・・・世界的にね。
そういや オーメンもリメイクされるし・・
新しいものをつくるってのは ほんと難しいと思うね・・
  

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

てん

てん

HN   てん 
年齢  45  ♂
生年月日 1967年 6月21日
血液型 AB型  の ふたご座 <四重人格!> 
趣味  料理・映画・小説・漫画・バイク
性格  新らし物好き・熱しやすくさめやすい