FC2ブログ

 明日はどっちだ!~コンビニ・ブログ~ 

グルメ・料理・映画・音楽・ダイエットなど 種々雑多な内容で コンビニ的ブログを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんて愉快かな? 俺の人生42年 3

「置屋の息子 3 俺と淀川長治の違い」 

置屋には訳あり女性が多くあつまる。 まあ頬に傷ある人も出入りがある。
私は小学生の頃からそういう人を見てきた。

だいたいあからさまに怖い人は下っ端に多い。
力のある人は意外と普通に見える。その分怖いのだろうが、
怖いもの知らずの小学生はそういう人に平気で小遣いをもらったりもする。

しかし いつもいつもそういう人たちと良い関係であるとは限らない。
たまに関係がこじれる場合がある。

うちの家はもともとから置屋だったわけではない。

親父は長崎の農家の生まれだ。
戦後の混乱で食いぶちへらしのために養子に出された。
親父は結構トラウマになっていたようだ。
酒を飲んでいるときに聞いた話だが
若い頃は運送業をやっていたようだ。
そして肉屋の手伝いから精肉店を始めた。
そのころにお袋と結婚しているのだが、
そのなれそめは未だに謎だ。

お袋はすでに一度結婚しており、今で言うと×1であった。
しかも連れ子がいた。それが私の姉である。
その精肉店はまあ普通だったようだが、
お袋の姉が借金をこしらえ、その立て替えの為に店を打ったような話を聞いた。

そして、お袋の姉がやっていた置屋を継ぐことになる。
そういう意味では、親父は自分の仕事が途中で頓挫した「無念の人」である。
この状況は実は親父の一生で繰り返されることになろうとは思いもよらないことであったろう。

それはさておき、事件はその置屋を始めて数年後のことだ。
私が小学校から帰ると、パトカーが玄関前にとまっている。
もちろん 警察が家にくるなど普通では考えられないので、
駆け足で家にはいると、警察が家の中に何人もいて
そしていつも親父が座っている場所に血痕がついていた。

「二階にあがっとき!」誰かの声がしたのだけは覚えている。
ただ私の記憶はそこで止まってしまっている。
そこから先の記憶がない。別に泣き叫んだとかすぐに病院に行ったとか
何か行動があったはずなのだが、全く覚えていないのだ。
覚えているのは何人もの警官と、親父のいた場所の血痕。
そこだけが脳裏に焼き付いて残っている。

後から聞いた話によれば、
○○○の女性がウチの置屋で働いていたのだが、姿を消してしまった。
まあ逃げたわけだが、それを追いかけている男が、女をうちの親父が
隠したと思いこみ、逆上して飛び込んできたらしい。

当時のそれを物語るのは、今では親父の胸の傷跡だけだ。
よくもまあ生きていたものだ。

そのとき 私は悟ったのかもしれない。

「ウチの家はまともではないんだ。」と



スポンサーサイト

なんて愉快かな?  俺の人生42年 2

「置屋の息子 2  俺と淀川長治の違い」


淀川長治氏も置屋の息子と新聞で知った。
妙な親近感とともに、独身で過ごされた氏の一生と自分を振り返ったとき
いろんな事を考え始めた。・・・


前回は置屋の芸奴・芸者さんについて少しふれた。
もう少し 「置屋」 というものについて 書きたい。

芸者とコンパニオンとの違いは何かといえば・・そう 「芸」 である。
芸者さんは「芸」をお客さんに披露してこそ芸者なのだ。

だからにっこり笑ってお酒をついで、おしゃべりするだけのコンパニオンとは
一線を画す。

特に 「踊り」 は常に研鑽を積まねばならない。
それこそ 藤間流などのお師匠さんについて学ぶのだ。
時には 藤間某といった名前を襲名することもある
「立方」・「名取」といわれるものだ。 

これになるには 練習もそうだが、かなりのお金も積まねばならない。
踊りがうまければいいというものでもない。

若い芸者さんは この 踊りの練習を嫌っていたようだ。
まあ まじめに練習しなければ身に付かないし、向き不向きもあるだろう
ましてや 借金返済にきた女性で 手っ取り早くお金を稼ぎたい人にとっては
無駄な労力かもしれない。

でもまあ これが伝統というものだ。

宴会では この芸を披露してナンボ世界である。

ちなみに 宴会では芸者さんのお手当は 「花代」と言われる。
なんで 「花代」なのかは高校になって、日本史を勉強していると、
平安の後期、源平争乱の折、壇ノ浦の戦いで安徳天皇が入水。
同時に女御達も入水すのだが、助けられたり死ねなかったりした
した女御達が 後に安徳天皇の霊を慰める為の花を買う為に
様々な職業(まあだいたい想像つくが・・) して金を稼いだことから
「花代」というらしい・・

まあ その「花代」が芸者さんのお手当であり、置屋はそのなん%かを
仲介料としてピンハネするわけだ。

ただ 芸者さんへのチップは置屋の関知sるところではないので
芸者さんはチップをいかにもらうかと言うことになる。
もちろん 若くて乗りの良い芸者さんは人気もあり ガンガン儲かっていく。

「花代」は宴会→2次会と芸者さんを同伴する限り一時間単位で加算される。
だから 本当に「遊び」を知っている人でないとえらい金額を払わされることになる。

そして 「芸者」 は鎌倉・室町期の白拍子と同じであるので、
最後まで遊びたい人はさらなる覚悟が必要になる。

まあ 京都の舞妓さんの「水揚げ」もにたようなものだ。
(今はそういう風習はないとは思うが)

淀川さんも私と同じような そんな「置屋」の風景を幼少期に見たのだろうか。




 | HOME | 

Calendar

« | 2009-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

てん

てん

HN   てん 
年齢  45  ♂
生年月日 1967年 6月21日
血液型 AB型  の ふたご座 <四重人格!> 
趣味  料理・映画・小説・漫画・バイク
性格  新らし物好き・熱しやすくさめやすい

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。