FC2ブログ

 明日はどっちだ!~コンビニ・ブログ~ 

グルメ・料理・映画・音楽・ダイエットなど 種々雑多な内容で コンビニ的ブログを目指します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はやらんといかんばい! 2010ホークスひとりごと おいおい いつの間にか6連敗かよ!

ちょっとワールドカップに夢中になっていたら、
後半戦突入 3連敗、 そして日ハムに2連敗、交流戦最終戦の敗戦をいれてまさかの6連敗!

しかも勝ち頭 杉内・和田で2連敗では・・・

しかしここは投手陣よりも、前半戦を引っ張っていた 捕手 山崎の普照離脱が大きな要因であろう。


西武戦で控えの 高谷と投手との呼吸が合わないと見るや、

日ハム戦では、堂上が先発マスク!

シーズンをを捨てたのか 秋山監督! それとも経験を踏ませたいのか?

案の定、この2戦は打ち負けている。 

しかも 23日は早々に堂上を交代させている。


なら最初から田上で良いではないか! いや、たった2戦で高谷を見切るのか?


この6連敗はちょっと頂けない。

山崎の負傷で尾を引いた西武三連敗はしょうがないとしても、

日ハム2連敗は あきらかにベンチワークのミス! でないかい?


今年はやらんといかんばい!
もう終わったらいかんばい!
スポンサーサイト

あれはPKでしょう!

イングランド、ポルトガル、ドイツ、スペイン、フランスとワールドカップ常連国が
番狂わせをおこしている中、

我が日本もオランダとの一戦、大きな番狂わせを期待したが、

前半、ほとんどボールキープをオランダが独占し少ないチャンスでオランダゴールを脅かした日本。

後半、スナイデルのミドルシュートにGK川島が反応したものの、はじかれてゴール!

日本も勝ち点1を獲得すべく、攻め込んで 終了間際 ペナルティエリア内に長友が切れ込んだ所をオランダDFと
もつれる!

これは PKか! と思わせたが無情にもゴールキックの判定・・・

ダーバンスタジアムで応援していた日本人サポーター・国内のパブリックの観客、テレビを見ていた視聴者
は同じ思いだったはずだ・・・


   あれはPKでしょう!


テレビで絶叫した 私でした。


良い試合でした。 見応え会った。  


さあ勝負のデンマーク戦だ。 

あ 深夜 デンマーク×カメルーン戦  できれば0-0で引き分けてもらえれば良いのかな?


びっくりワールドカップ日本1勝  やはり海外組か・・

さて、奇跡?の勝利となったカメルーン戦

相手の内紛に乗じたのもあって、勝ち点3をものにした。

今回の勝利、MVPには松井を推したい。


ワールドカップ初シュート初ゴールを上げた本田もえらいが、


右サイドから、打つと見せかけてフェイントして相手を抜き去ってのセンタリング。

このプレイがよかった。このプレイが本田のゴールを生んだと思う。


あとよくみると、 本田  松井  長谷部  大久保 と

今回のキーマンとなった選手がすべて海外経験者ということも見逃せない。

身体能力の高い相手の選手に当たり負けしない。
また、どう動いてさばけばいいのか。
そういうプレーが随所にみられた。

こうやってみると、海外に行ってプレーするという重要さがwかる気がしてきた。


ヨーロッパの世界の代表クラスが集まるリーグで戦い、苦労した成果があったということか。


松井・大久保はよかった。 パスを回すのでなく自ら切れ込む。そこからの場面展開を図る。

こういう創造力あるプレーが今までの代表にはなかったように思える。


特に毎回FWが弱いとされる日本。 今回のように流れの中で得点できたこと
しかもそれがワールドカップという大舞台で出来たことに大きな意義が有ると思う。


今回 最悪 ドイツ大会と同じ3連敗を予測していただけに、 面白くなってきた。

短命鳩山政権 責任は誰? 

珍しく、堅い話題を・・

先日 鳩山首相が辞意を表明し、次いで代表選挙 菅直人 新政権の発足が確定した。

鳩山政権は 結局の所 1年持たない短命政権となってしまった。


小沢 幹事長の金権問題や 普天間基地の移設問題で、指導力を問われ内閣支持率が急落。
夏の参院選を前に交代をせざるを得なくなったという形だ。

本人も無念であったろう。

さて、鳩山政権が短命であった要因は実は鳩山前首相の指導力の問題ではないのではないだろうか。

いや、別に私は民主党員でもないし、鳩山さんが好きなわけでもない。

去年、国民は自民党政権から何かを変えるべく民主党を選んだ。

鳩山政権は、その民意をうけ、事業仕分けややんばダムなどの公共事業の中止を推進した。

一方で、高校無償化や子供手当等の少子化に向けた教育重視策を打ち出した。

いろんな批判はあろうが、様々な政府の政策は実行されていた。

さて、普天間問題であるが、長期政権であった自民党でさえ全く解決できなかった問題に
着手したという点。 沖縄米軍問題という開けてはならないパンドラの箱を開けてしまっただけで
やめなければいけないものなのか。

鳩山首相は沖縄訪問の際にかりゆしを着ていた。 まあ彼なりの平和への信念のつもりであろうが
メディアはそれに対し、沖縄県民をなめていると報道した。

別の意味で、もし自民党政権だったら、この問題がこれほどまでに問題化されたであろうか。

確かに 沖縄の米軍問題は重要課題ではある。だがそれだけでもって指導力不足というのはどうか・・・


それなら、今までの自民党政権の首相達は皆指導力不足の政治家であろう。


鳩山前首相が 最低でも県外 といってしまった為にその言葉の責任が問われたようだが、
もうすこし 別のやり方があったのではないだろうか。

あえていうなら、鳩山政権は事を急ぎすぎた 「急いては事をし損じる」 であったようにおもえる。

沖縄米軍問題は 沖縄だけの問題ではない。 沖縄だけに負担をかける問題でもない。

他県の知事が協力を要請されると、皆顔を横に振る。 そりゃ縦に振ろうものなら次回の選挙で負けてしまうことが必至だからだ。 しかし国民が米軍の存在がいかに迷惑かを国民全体が知らなければ 米軍撤退という国運は盛り上がるまい。 それこそ北朝鮮が大きな変革でもない限りだ。

問題は ワイドショー化したメディアである。 冷静に政権の動きを見ていない。 ちょっとの失策が有れば
鬼の首を取ったかのようにして報道する。

またメディアにつられる国民の政治的教養の薄さである。 変わったばかりの政権が頑張ろうとしている。
もがいている。それを見守ろうとしない、育てようとしない。

政権が変われば、すぐに現状が変わるのか? 答えはNOである。
少なくても2年から3年はじっとみるべきであろう。

識見のないメディアと政治的教養のうすい国民に囲まれ、結果をいそぎ、事を急ぎすぎたために 鳩山政権は倒れてしまった。

せっかく古い体質の自民党から変わったのだから、今度の菅直人新政権には選挙管理内閣にならず、2年以上は以て欲しいものだ。

ただ、谷亮子の出馬はいただけない。 彼女はまだ現役を引退していないのだ。
二足のわらじを履いて出来るほど、どちらも簡単なものではないはずだ。
これには、苦言を呈したい。 撤回して貰いたいものだ。 



 

 

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-06 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

てん

てん

HN   てん 
年齢  45  ♂
生年月日 1967年 6月21日
血液型 AB型  の ふたご座 <四重人格!> 
趣味  料理・映画・小説・漫画・バイク
性格  新らし物好き・熱しやすくさめやすい

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。